tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

【秋の味覚特集】銀杏ってなんで臭いの?栄養はあるの?

f:id:tafuku:20190828180820j:plain

 

秋の味覚として銀杏はあまり名前が挙がりません。

ですが、イチョウの木が綺麗に色づき、秋のイチョウ並木は絶景ですよね。

 

イチョウが色づく頃に採れるのが銀杏です。

そのため、銀杏は古くから秋の味覚として親しまれているんです。

 

おつまみの揚げ銀杏や焼き銀杏、茶碗蒸しなどの料理に使われています。

 

もちょっとした食感と少しの苦味が銀杏の特徴ですよね。

子供の頃は苦手でしたが、大人になるとそれが美味しく感じるようになりました。

 

そんな銀杏についてご紹介します。

 

なんで銀杏は臭いの?

 

イチョウ並木はとても綺麗ですが、近づくとなんだか腐ったような、なんとも言えない臭いにおいがしますよね。

 

この臭いの原因はイチョウの種子が熟した臭いなんです。

もちろんこの種子は銀杏のことです。

 

臭い理由は、動物に食べられてしまわないように自衛機能が働いているためです。

栗のイガイガと同じですね。

 

銀杏は栄養がとてもいいんです。そのため、食べようとする動物はたくさんいます。

 

ですが、銀杏も子孫を残さなければ絶滅してしまいます。子孫を残すために臭くなっているというわけなのです。

この臭いは全ての哺乳類が苦手とされています。

 

銀杏が臭い原因は?

 

臭いの原因はエナント酸と酪酸です。

なにそれ?って思いますよね。

 

エナント酸は、腐ったような臭いがします。

そして酪酸は、人の汗臭い時のような臭いがします。

 

どっちもかなり嫌な臭いですよね。

その2つが合わさった臭いが銀杏のにおいなのでそりゃもう臭いに決まっています!

 

それぞれがどんな成分なのかご紹介します。

 

・エナント酸

こちらは、油のような液体で足の臭いの原因です。

 

酪酸

こちらは、チーズやバターなどに含まれています。発酵食品には欠かせないものなんです。

こちらも足の臭いの原因でもあります。

 

どちらも足の臭いの原因って…

人の足は最大でどれほど臭くなるんだろうなんて思っちゃいますね。

 

銀杏ができないイチョウの木もある?

 

イチョウの木には、実は雄の株と雌の株があるんです。

そして、雌の株にしか銀杏が出来ないのです。

 

ですが、イチョウの雌と雄を見分けるのはとても難しいです。

 

実ができるまで待って、つくかどうかを見ないと確実に雌か雄かを見分けることができませんでした。

 

2011年に、韓国がイチョウの葉っぱから雄株にだけあるDNAを見分ける方法を開発しました。

 

それにより、植えてからまだ1年未満の苗木でも雌か雄かを判別することができるようになりました。

 

そのため、街路樹などで臭いのはかなりマイナスになってしまうため、街路樹のイチョウの木を雄の株で全て統一している場所もあります。

 

雄の株ならば、銀杏が出来ないので銀杏を踏んで道が汚くなることも臭くなることもありませんからね。

 

銀杏の栄養効果は?

 

銀杏は栄養がたくさんあるため、動物に食べられてしまう可能性があるとご紹介しました。

 

昔は中国で薬としても使われていました。

どんな栄養が含まれているのでしょうか。

 

・むくみに効く

銀杏はカリウムが含まれています。

余分な水をカリウムが出してくれるのでむくみに効果的です。

 

・美容に効く

ビタミンCも豊富に含まれています。

ビタミンCは、メラニンの生成を抑えてくれるのでしみやそばかすなどお肌に嬉しい効果が期待できます。

 

また、ビタミンEも豊富で血流を良くしてくれるので冷え性の改善や顔の血色を良くしてくれます。

 

そして髪の毛や爪を健康に保つたんぱく質も含まれています。

 

疲労回復

ビタミンB群が含まれており、疲労回復の効果があります。

 

また、ビタミンEで血流が促進されることにより疲労回復と栄養補給をスムーズにしてくれます。

漢方ではスタミナをつける食品とされているくらいです。

 

・高血圧予防

カリウムの効果でナトリウムのバランスが整うことにより、高血圧の予防になります。

 

銀杏は食べ過ぎ注意!?

 

栄養も豊富で、美味しい銀杏ですが、実は中毒性があります。

 

そのため、食べ過ぎには注意が必要です。

銀杏中毒になると、下痢や嘔吐などの症状がでます。

 

他にもめまいや呼吸困難、意識混濁などの命に関わるかもしれない症状が現れることもあります。

 

食べる量は、子供は7個以下、大人は40個以下にしましょう。

 

まとめ

 

臭いはきついですが、栄養が豊富でおつまみとして最高の銀杏。

食べ過ぎに気をつけて美味しく食べましょう。