tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

【秋の味覚特集】松茸ってなんで高いの?

f:id:tafuku:20190827121751j:plain

秋の味覚というと名前があがる松茸ですが、高くてあまり食べたことがないという人も多いですよね。

 

私も松茸風味のお吸い物や、松茸ご飯風のものなら食べたことはありますが、ちゃんと松茸を食べたことがまだありません。

 

エリンギやしめじ、舞茸などは同じキノコでも100円以下で買うことができて馴染みがあるのになぜ松茸だけこんなにも高く手が出しにくい食材なのでしょうか。

 

そんな松茸についてご紹介します。

 

松茸はどうして高いの?

 

マツタケが高級食材である理由は、プロパンガスが普及したことが原因と言われています。

 

ガスが私たちの生活に普及をする前は、山里などに住んでいる人たちは燃料になる柴や割木などを取りに行くために山へ頻繁に行っていました。

 

松茸は、基本的に松の木の根元にしか生息しません。

普通のキノコは落葉や枝などが蓄積してできた腐葉土という栄養がある土のほうが成長に適しています。

 

しかし松茸は、あまり栄養がなく痩せている土のほうが良く育つという変な生態をしています。

 

そのため昔は人が山を歩くことで、落葉や枝がたくさん溜まりすぎてしまうことがなく、松茸が成長するのにちょうど良い土に保たれていました。

 

しかし、プロパンガスが普及したことで、そのような人たちが山に入る必要がなくなってしまいました。

 

その結果、落葉などが蓄積してしまい、腐葉土ができるようになりました。

 

これは、松茸の生育環境には適しません。

このような経緯があったことや、松茸は人工で栽培することができないという性質を持っています。

 

そのため、マツタケの山で採れる量はどんどん減っていき、希少価値が高まりました。

そしめ松茸の値段が上がったというわけです。

 

松茸は人工栽培できないの?

 

松茸は人工栽培ができないと言われています。

そのため、値段が高いということをご紹介しました。

 

他のキノコは人工栽培ができて、年中食べることができるのになぜ松茸だけダメなのでしょう。

松茸が人工栽培をすることができないのには2つ理由があります。

 

1つめは、菌根菌だからです。

 

松茸は生きた植物が繁殖に必要です。

そのため、繁殖や栽培をすることが難しいのです。

 

2つめは、松茸の生態がよく分かっていないからです。

子孫を残す方法や成長するための条件でわからないことが多いのです。

 

特に2つめの方が主な原因となっています。

菌根菌でも人工栽培をできているものはあります。

 

ですが、それらは生態を十分に分かっているからできています。

生態がわからないため、食べられるくらいの大きさになるまで育てることが出来ていないのです。

 

きちんと生態さえわかれば、松茸も人工栽培することができるようになるかもしれません。

 

韓国で人工栽培に成功している

 

世界のいろんな国で松茸の人工栽培について研究をしていますが、成功した事例はありませんでした。

 

これまでに松茸の人工栽培の成功に最も近づいたのは日本です。

1983年にマツタケの感染苗というものを利用し、1本松茸が生えました。

 

ですが、その後も日本では同じ方法で約1万本もの感染苗を作ったのですが成功しませんでした。

 

韓国では、松茸の人工栽培の技術開発のために2001~2004年にマツタケ菌を感染させた苗木を植えました。

 

その中から松茸が3本生えたのを確認しました。

人工の松茸が同じ試験地で2010年に1本生え、それに続いてこの3本は2度の成功です。

 

不可能とされている松茸の人工栽培が可能であったということを世界で初めて立証しました。

 

もしかすると、松茸が身近になる日は近いのかもしれませんね。

 

松茸の偽物がいる!?

 

国産の松茸は高くて一般家庭では、手が出しづらいですよね。

そこで類似品を販売する悪徳業者が出てきました。

 

それが、バカマツタケ・ニセマツタケマツタケモドキというのが3大偽松茸と呼ばれています。

 

もちろん毒キノコではないので食べても問題はありませんが、やはり国産の本物の松茸と比べると香りは薄いです。

 

ですが、炊き込みご飯や煮物などに加工をされてしまうとわかりにくく、本物の松茸だと信じてしまいます。

松茸だと信じて食べてしまう可能性があります。

 

平成27年から食品表示法が強化されたので商品の裏面にある原材料欄に虚偽の表示をすると懲役や罰金が科されるようにはなりました。

そのため、偽物は減ってきてはいるようですが、注意してくださいね。

 

まとめ

松茸は、今は高く手が出しにくいですが、近い将来もしかしたら誰でも食べられるものになるかもしれませんね!