tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

【秋の味覚特集】栗ってなんでイガイガしているの?どんな栄養があるの?

f:id:tafuku:20190820214350j:plain

 

秋の味覚といえば?というアンケートで1位に選ばれる栗!

 

秋になるとさつまいも味のお菓子も増えますが、栗味のお菓子も増えますよね。

 

皮むきが固くて面倒ではありますが、やはり美味しいので食べる人も多いです。

 

甘くて美味しいのでスイーツなどによく使われていますよね!

そんな栗についてご紹介します。

 

栗はなんでイガイガなの?

 

栗の実の周りには、触ると痛いとげのようなイガイガがありますよね。

あまりあんなにトゲがついている実は見かけませんよね。

 

イガイガがあるのは、栗かウニくらいでしょうか?

なんであんなに痛そうなイガイガで覆われているのか気になりますよね。

 

それは、動物除けのためです。

動物もやはり栗は大好きなんです。

 

栗というのは、少し未熟な実でも食べることができてしまいます。

 

そのためたくさんの野生の動物が栗を狙っています。

ですが、未熟なままの実をたくさん食べられてしまっては栗は全滅してしまいます。

 

子孫を残すことなく、全部食べられてしまっては困ります。

そのため、トゲのような鋭いイガイガで実が成長するのを守っているんです。

 

そのため栗は、ちゃんと実が成長して、発芽するための準備がしっかり整ったらイガイガがはじけて実が出てくるようになっています。

 

動物たちもわざわざ木に登って痛い思いをしてまで栗を取らないですからね。

 

落ちてからなら実は成熟しているし、動物たちも痛い思いをしないし、お互いにいい状態というわけです。

 

また、栗の実へのガードは鉄壁で、イガイガの下には鬼皮と言うなんとも固そうな名前の固い皮があり、そのさらに下に渋皮と言うよく聞く薄い皮があります。

 

動物などに早いうちに食べられないよう、実は3重もの皮でガッチリと守られています。

 

最近では、イガイガのない栗もあるんです。

秋田県で見つけられ、突然変異だと言われています。

 

味などは特に普通の栗と変わらないそうです。

買うこともできるので気になる方は買ってみては?

 

栗の栄養は?

 

栗にはどんな栄養があるのでしょうか。

 

・炭水化物

実は、栗は炭水化物が多いんです。

炭水化物というとご飯やパンなど主食となるものに多く含まれていますよね。

 

栗にもエネルギー源となり、疲労回復もする炭水化物が多いため、動物たちは好んで食べるのかもしれませんね。

 

ただ、栗は糖質も多いので、炭水化物と糖質をたくさん摂ってしまうため食べ過ぎには注意しなければなりません。

 

・ビタミンC

果物などにたくさん含まれているイメージなのでまさか栗に含まれているとは思えないビタミンCですが、実は多く含まれています。

 

その量はまさかのリンゴの8倍もの量です。

しかも栗はでんぷんが多いため、栗の中のビタミンCはでんぷんで守られ、熱を加えても壊れません。

 

栗ご飯などにしてもビタミンCをしっかり摂ることができます。

 

カリウム

むくみや高血圧に効果のあるカリウムも含まれています。

 

・タンニン

栗の渋皮の部分にたくさん含まれているのがこのタンニンです。

ポリフェノールの一種で、抗酸化作用があります。

 

マンガン

これはミネラルの一種です。

マンガンには、代謝を促進する効果があります。

 

また、カルシウムと同じく骨の形成に関わっているミネラルです。

そのため、骨粗鬆症の予防効果があります。

 

栗きんとんってなんでおせちに入っているの?

 

おせちの定番でもある栗きんとん!

甘くて美味しいですよね。

 

私の家族はみんな大好きで、おせちの栗きんとんは毎年奪い合いでした。

ですが、なぜ栗きんとんという名前?そしてなぜ栗がおせちに入るのでしょうか。

 

栗きんとんは漢字では栗金団と書きます。

この金団は、金の団子という意味です。

 

そのため、金塊などに例えられます。

商売繁盛や金運といった意味で縁起物としておせちに入っているんです。

 

見た目も金色なのでより縁起がいいですよね。

 

まとめ

栗は甘くて美味しいだけでなく、栄養もたくさんなので秋には、ぜひ食べたいですね。

ただ、食べすぎには注意です!