tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

夏にも行きたいディズニー!暑さ対策はどうしたらいい?

f:id:tafuku:20190805130122j:plain

 

ディズニーでの暑さ対策は?

 

毎日行っても楽しいディズニーリゾート!

ディズニーが大好きな人は子供から大人まで多いですよね。

 

もちろん私も大好きです。ディズニーリゾートに行くとわくわくして、1日があっという間ですよね。

朝から夜まで一日中楽しめるので、夏休みになると行きたいと考える人は多いのでは?

 

ですが、夏は暑い!

ディズニーでは、やはり外にいる時間の方が長くなりがちです。

 

しかも海が近いので海からの照り返しなんかもあるため、余計に暑いんです。

そんなディズニーリゾートでの暑さ対策についてご紹介します。

 

夏のディズニーの服装は?

 

夏なので、基本的に半袖など涼しい服装で行くと思います。

トップスは半袖がもちろんベストです。

 

ディズニーで販売されているTシャツを着るのもおススメです。

 

どんなに汗臭くなっても、水浴びをして濡れても帰りには着てきた服に着替えることができますし、何よりテンションも上がりますよね。

 

ボトムスは、まず避けて欲しいのがデニムなど通気性の悪いものです。

通気性が悪いと暑いのはもちろん、汗なども乾きづらくベタベタになります。

 

夏のディズニーでは、水を浴びるイベントがあります。参加するとがっつり濡れます。

そんな時も乾きづらく、蒸れる可能性があります。

 

靴は、いくら暑いといってもサンダルはなるべく避けた方が無難です。

ディズニーはとにかく歩きます。シーは特に!

 

いろんなアトラクションを回っていれば、休憩を挟んでいたとしても1日いれば軽く1万歩近く歩きます。

 

サンダルは涼しいですが、たくさん歩くと靴擦れしてしまう可能性があります。

普段履き慣れている靴やスニーカーで行くのがオススメです。

 

私もディズニーは、何が何でもスニーカーで行きます。履き慣れている靴であっても、やはり歩き疲れます。

 

子供の服装は?

 

ディズニーに行くと、プリンセスの格好などかわいいコスプレをしている子供がたくさんいます。

 

私もいつか子供にかわいいキャラクターの格好をさせて連れて行ってあげたいななんて思っています。

 

しかし!夏のディズニーの暑さをあなどってはいけません。

 

しかも子供は、大人より地面に近いので体感温度は大人以上!

そして大人より汗をかきやすく、熱中症にもなりやすいです。

 

かわいい服装やかっこいいコスプレをさせてあげたいかもしれませんが、暑さ対策の方が大切です。

 

なるべく通気性や吸水性がよく、身軽な服装にしてあげましょう。

そして、帽子も必須です。直射日光から守ってあげてくださいね。

 

また、外は暑いですが、レストランやアトラクションなどの室内はものすごく涼しくなっています。

 

汗をかいて濡れた服のままキンキンの室内に行くと風邪を引く可能性もあるので、インナーだけでも数枚着替えを持っていくといいですね。

 

夏のディズニーでの必需品は?

 

・水筒などの飲み物

やはり水分は必須です。

ディズニーでは、飲み物の持ち込みは黙認してくれています。

 

水筒を持っていけば、パーク内で買った飲み物も冷たさが少しキープされます。

私はよくご飯を食べたところで買った飲み物の残った氷なども水筒に入れておきます。

 

そうすると買った飲み物がより冷たくなったり、氷が溶ければ冷たい水になったりするので。

 

ペットボトルを持っていく場合は半分くらい凍らせて持っていきます。

そうするとほぼ最後まで冷たく飲めますし、暑い時には保冷剤の代わりになります。

 

・日焼け止め

とにかく焼けます!

アトラクションの並ぶところに日陰がないと長い時間直射日光にさらされます。

何度も塗り直さないとがっつり日焼けをするので持ち歩いた方がいいですね。

 

・タオル

少し大きめものを持っていくといいですね。

水を使ったイベントの後や汗をかいた時に拭けるのはもちろんですが、

 

暑い時には濡らして首などに当てれば涼しいですし、室内のエアコンで寒い時や、日差しが強い時などには羽織ることができて便利です。

 

・雨具

暑い日は大気も不安定なので、突然雨が降る可能性もあります。

また、レインコートがあれば水を浴びるイベントも濡れずに楽しめます。

 

・小型扇風機

あるだけでかなり違います。

アトラクションを並ぶ時に外で待つことも多いです。

 

そんな時に便利です。

また、パーク内でかわいいミストファンもたくさん売っているのでお土産も兼ねて買うのもいいですね。

 

・ボディシート

これもあるとかなり違います。

 

汗臭いのが抑えられるのはもちろんですが、メンズのスースーするものを持っていくのがオススメです!

 

体感温度が結構変わって、かなり涼しくなります。室内に入る前に使うと寒くなるくらいなので使うタイミングに注意してくださいね。

 

まとめ

暑いけど、やっぱり行きたくなるディズニー!

 

しっかり暑さや熱中症の対策をして、こまめに日陰やお土産やさんなど涼しいところで休みながら楽しみましょう。