tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

かかるとツラい夏風邪の予防と対策について!

f:id:tafuku:20190801233452j:plain

 

夏風邪とはどんな症状があるのか

 

夏風邪の症状は風邪と同じ(喉の痛み、発熱、頭痛、鼻水、咳)と胃腸系の(下痢、腹痛等)症状があります。

 

前兆としては喉の痛みや違和感があり寒気、だるさ、発熱が多いようです。

 夏風邪は冬に引く風邪と比べて暑さや湿度を好むウイルスが多いのが特徴です。

 

他には感染力が強いのも特徴ですね。

 

夏風邪の対策は何をしたらいいのか

 

夏はやっぱり暑いので、エアコンをかけますよね。

そのため、室内と室外の温度差や湿度の差が大きく、自律神経が乱れ、体温調節が上手く出来なくなります。

免疫力が低下して風邪を引きやすくなっていしまいます。

 

風邪を引いた場合、普段はたくさん汗をかいて治すということもあるかと思いますが、夏は脱水症状の危険もあります。

 

ただ汗をかいてなおそうとするのではなくスポーツドリンク等を飲み脱水にならないように気を付けましょう。

 

家の中での対策

 

・エアコンの温度を適温にする

エアコンであまり冷やしすぎないように気をつけましょう

 

・睡眠を十分にとる

寝不足によって体力低下や免疫力低下が起きます。

それを防ぐためにも睡眠をしっかりとりましょう

 

寝ている時にエアコンをずっとつけない場合はオフタイマーやオンタイマーなどを上手に使い、暑くて起きることが無いようにすることが大切です

 

・寝る時お腹にはタオルケットをかける

暑いからと言って何もかけずに寝るのはあまりよくありません。

お腹の腸の働きを低下させないためにもお腹だけでもかけましょう

 

夏風邪の予防は何をしたらいいのか

 

予防はまず普段の風邪対策と同じで外出から帰ってきたらすぐ手洗いとうがいをすることです。

 

次に目薬をすること。

目薬をする理由は夏風邪のウイルスは目から感染してくる可能性がある為です。

 使う目薬は、目の表面を洗い流すことが目的なので普通の目薬で大丈夫です。

 

そして、夏風邪は湿度が高いことを好むので、寝室の湿気対策もしましょう。

 

また、ダニも呼吸器系に影響がある為対策しましょう。

 

寝室の湿度対策は、布団の下に除湿シートを敷きましょう。

 人は寝てる間にコップ1杯分汗をかくなんていいますからね。

 

ついでにダニとりシート等も使い一緒に対策しましょう。

 

もし夏風邪を引いてしまったら?

 

夏風邪は実は特効薬や治療法などがなく体力や免疫力をアップさせて自然に治すほかありません。

 

あまりに四肢が痛いなどきつい時は解熱剤を使用することはあるようですが・・・

 

喉が痛くて食べにくい時は柔らかく刺激の少ない物を中心に食べて水分補給しましょう。

 

口の中や喉が痛く、ご飯や水分も摂るのが辛いようであれば医師の診察を受け点滴などの対処をしてもらいましょう。

 

夏風邪は咳やくしゃみ、鼻水、便などを通して2次感染する可能性もあるのでもしかかってしまったら2次感染を防ぐ対策をしましょう

 

トイレであればアルコール等を使って使用後消毒する等。

 

子供がなりやすい夏風邪は?

 

ヘルパンギーナ

6-7月に流行ることが多く、4歳以下の子供がかかりやすい夏風邪です。

高熱、口内炎が出来て食事するのもツラくなります。

1週間くらい安静にしていれば症状は治まります。

 

手足口病

今、流行ってますよね。

最初は微熱や食欲不振などの症状がでます。2日経つと手足に赤い水泡が表れます。

約5日程度で治ります。

 

プール熱

正式名称は(咽頭結膜炎)といい5歳以下の患者が6割を占める夏風邪です高熱が1週間程度続き、さらに充血や喉の痛みを発症。

プールなどで感染することが多く感染力が強いためかかってしまったら数日間は学校を休む必要があります。

 

まとめ

 

夏風邪は冬にかかる風邪より長引くことも多く辛いものなので出来るだけなら無いように皆さん注意しましょう!

今年もとても暑いので脱水対策も気をつけてこの夏を乗り切りましょう!