tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

妊娠中は太れない!妊婦さんの体重管理方法はどんなものがある?

f:id:tafuku:20190731145430j:plain

 

妊娠中に太り過ぎないための対策は?

 

妊娠をすると、人によって様々な変化が起こります。

そんな中でも妊婦さんに共通して気を付けなくてはならないのが体重管理です。

 

妊娠中は糖尿病などのリスクもあり、妊婦健診で毎回体重を測ることになりますし、お医者さんからも言われます。

 

安定期に入る前は、つわりや流産させたくないという意識から慎重になったり、食欲がなかったりなどで体重が増えにくいという人もいます。

 

ですが、食べづわりの人は食べないと気持ち悪くなりますし、初期は食欲がなかった人も安定期を過ぎると食欲が増してきます。そのため体重もどんどん増えます。

 

しかも妊娠中は太りやすくなっているんです。

でもダイエットのために、過度な運動なんてもちろんできませんし、赤ちゃんにちゃんとした栄養を送るためにも極端な食事制限をすることもできません。

 

私も安定期を過ぎたころから食欲と甘い物食べたい欲があり、もともと体重が軽いわけではなかったため、体重管理との戦いでした。

 

そんな私が実践した方法などをご紹介します。

 

食事の時の対策法

 

ツラいつわりが終わると、とてもご飯が美味しいですよね!

それに加えて、産休に入ると暇でついついお菓子などをつまんじゃう、ストレスや不安などから甘いものが食べたくなるなど食欲が増します。

 

食事の量を減らさなくちゃと思うけれど、周囲の特におばちゃんには、二人分食べなさいと言われますよね。

 

昔は体重管理も今ほど厳しくなく、妊婦は二人分食べなくちゃいけないという考えだったみたいですね。

 

そんな食事で、私が実践していた方法が3つあります。

 

 

  1. おからパウダー

これは、一番おすすめです。

前にテレビでおからパウダーダイエットというのをやっていました。

 

一食につきおからパウダーを大さじ一杯いつもの食事にかけたり、混ぜたりするだけです。

 

おからパウダーは、味やにおいもないので、混ぜても気になりません。

そして嬉しいのが食事の量を制限しなくていいのです。

 

おからには、脂肪を蓄積させにくい、お腹の中でふくらむなどダイエット中にはありがたい効果がたくさんあります。

 

しかも体にいいので、赤ちゃんのためにもダイエット中のママにもいいダイエット食材です。

 

  1. 間食は低カロリーに

後期になってくるとお腹が大きくなり、胃が圧迫されるので一度に多く食べられません。

 

でも食欲は増しているので、すぐに小腹が空きます。

そんな時にお菓子やパンなどを食べてしまうと体重はどんどん増えてしまいます。

 

そのため、私はヨーグルトを食べていました。ヨーグルトに砂糖をいれるともちろんカロリーが高くなるので、はちみつを入れていました。はちみつの方がカロリーは少ないです。

 

また、いわしも食べていました。

貧血気味だったのもありますが、カロリーはもちろん低く、赤ちゃんに必要なカルシウムも補給できると思ってよく食べていました。

 

  1. 最終手段

しかし、もちろんそんなものじゃ満たされず、ものすごく甘いものが食べたいと思った時もあります。

 

そんな時にはシュークリームを食べました。

菓子パンなどに比べるとシュークリームって意外とカロリーがそんなに高くないんです。そのため、どうしても甘い物を食べたいときはシュークリームを買っていました。

 

運動での対策法

 

後期になってくるとお腹が大きく、体も疲れやすくなり、動くのがとても億劫になりがちです。

 

ですが、運動をしないと太りますし、赤ちゃんを産むときにも大変な思いをすることになります。

 

初めての人はほとんどの人がそうかもしれませんが、出産って経験もないですし怖いですよね。

 

たくさん歩いて、筋力をつけると出産のときの体力もつきますし、いきむ力をつけることもできて安産になると言われています。

 

そのため、私はしっかり運動をしていたから大丈夫!と自分を安心させるためにも動くようにしました。

 

買い物がてら散歩する

 

妊婦でも手軽にできるのがお散歩です。これが一番危なくないし、誰でもできるいい運動だと思います。

 

毎日最低でも片道10分以上のところまで歩くようにしていました。

ですが、お散歩と言ってもただ歩くだけでは続かないですよね。

 

パジャマから着替えたり、軽く化粧をしたりなどの準備が必要で行くのが面倒くさいなと思ってしまいます。

 

そのため、私はまず、自分の家から片道30分以内で行けるスーパーを探しました。

私の近所には、30分以内なら6軒あります。

 

今は携帯でほとんどのスーパーのチラシを見ることができます。

毎朝全部のチラシを見て、とにかく安いものが1つでもあれば、そこのスーパーへ行きました。

 

安い物を買いに行くのでもちろん節約もできますし、何軒かはしごすれば、かなりの運動にもなるので一石二鳥です。

 

その日に安いもの以外は買わず、その日使うものだけを買っていたので、毎日買い物に行かないとダメな状況にして、嫌でも出かなくてはならないようにしていました。

 

1日平均で大体1時間以上は歩くことができていました。

 

散歩は、一度外に出てしまえば結構歩けますし、気分がのればいつもより歩いてみようかなと思ったりするものです。

 

ながらスクワット

 

スクワットも安産のためにはやった方がいいと言われています。

ですが、毎日スクワットだけをやろうと思っても続かないので、歯を磨きながら、食器を洗いながらやっていました。

 

大体1日10回程度を3セットくらいやればいいかなくらいの軽い気持ちで。

一度にたくさんやるよりも毎日続けることが大切です。

 

まとめ

私はこの結果、出産時は、妊娠前より8キロ増でしたが、子供がでてきて退院のときにはすでに妊娠前の体重に戻っていました。

食事や運動を工夫してみてください。