tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

赤ちゃんがなかなか泣き止まない!そんな時はどうしたらいい?

f:id:tafuku:20190801221610j:plain


赤ちゃんの泣き止ませ方

 

赤ちゃんがたくさん泣いて、泣き続けていると焦りますよね。

焦るし、なんで泣き止まないのと嫌になってくるし、どこか悪いの

かなと不安にもなるし、泣き止ませることができない自分のことも嫌になってきますよね。


赤ちゃんがなかなか泣き止まなくて困ったことがあると答えたママやパパは89%もいます。


私ももちろんあります。

泣き止まなくて不安になって、イライラして、泣けてきて…


親になったら誰もが通る道と言ってもいいかもしれません。


そんな赤ちゃんの泣き止まない時の対処法をご紹介します。


ですが、これは私が子供に試して効果のあった方法なので絶対に泣き止むとか正しいというわけではないので参考までに!

 

まず原因を確認!

 


まず、当たり前ですが赤ちゃんのオムツが汚れていないか、お腹が空いていないかを確認しましょう。


赤ちゃんがいると毎日忙しくて、余裕がなくなってしまいます。


そんな中で赤ちゃんが泣いて、泣き止まないとパニックになって当たり前のことも忘れてしまう時があります。


私も泣き出して、どうやっても泣き止まない時に冷静になってみたらもう授乳の時間だったなんてことがありました。


また、他にも部屋は暑かったり寒かったりしませんか?
それも確認しましょう。


私達は暑くなくても赤ちゃんは、体温が高いので汗をかいている場合があります。


暑かったり寒かったりしても赤ちゃんは泣いて教えてくれます。


私達ではなく、赤ちゃんにとって適温な環境か確認しましょう。


また、眠いときも泣く赤ちゃんは多いです。
眠くて寝たいから泣いてるのだからどんなにあやしても泣きやみませんよね。


月齢が大きくなるにつれて昼寝の時間は決まってきますが、小さいうちは不規則にたくさん寝ます。


前のお昼寝からどれくらい経ってるかも確認しましょう。

赤ちゃんを抱っこする

 


確認事項がどれも当てはまらなかった場合、抱っこしてほしい、寂しいなどで泣く場合もあります。


そんな時は抱っこしてあげてママやパパの手でトントンしてもらうだけで赤ちゃんは安心して泣き止みます。


他の人ではダメでもママやパパのぬくもりや、においで安心するんですよね。


また、抱っこしてゆらゆら揺れてあげるとその振動が心地よくて泣き止む赤ちゃんもいます。


また、抱っこするだけでダメだったら抱っこをしてママやパパの鼻息を顔にかけると泣き止む場合があります。


鼻息が出るふーっという音はお腹の中の音と少し似ているのだそうです。


また、鼻息がかかることでママやパパのにおいを感じることができるので安心します。

気分転換する

 


気分転換に思い切って外に出かけてみるのもいいでしょう。

外の風を感じるだけでも泣き止むことがあります。

 

昔よくおばあちゃんが小さい子をおぶって散歩してたりしたのはそのためかなと思います。

うちの子も機嫌が悪い時に出かけると泣き止みます。


また、夜や雨だったり外が暑すぎて出かけられない場合はベランダなどで外の風に当たるだけでも変わります。


私の家はリビングより寝室の方が風通しがいいので泣き止まないときは寝室に行って、ベランダの前に座るだけで泣き止みます。


機嫌が悪いときも寝室に行くとご機嫌になることもあります。


外にまで行かなくても普段いつもリビングにいるなら気分転換に他のお部屋に行ってみたり、家の中をうろうろしてみるのもいいと思います。


私自身が夜泣きがひどかったらしく、母はよくドライブに連れて行っていたと言っていました。


ドライブに行くと泣き止んでいたそうです。


気分転換してみると泣き止む可能性があります。

道具を使う

 


赤ちゃんは目が見えない小さいうちから耳はしっかり聞こえています。


そのため、音の出るものを使って気を紛らわせ泣き止ませている人もいます。


私のおすすめはビニール袋をガサガサやる音です。


赤ちゃんは袋のガサガサ音が好きなのでその音が出るおもちゃもたくさんあるくらいです。


うちの子もビニール袋の音に惹きつけられて泣き止みました。


ビニール袋ならどの家庭にもあるので、ぜひ試してみてください。


他には、換気扇の音を聴かせるのも効果的です。


換気扇の音はお腹の中の音とそっくりです。
そのため安心して泣き止みます。


また、音楽や歌を聴かせるのもいいです。
ママやパパが歌を歌うのでもいいですね。


今はYouTubeでも赤ちゃんの泣き止ませ動画もあるのでその音を聴かせるのもいいかもしれません。


ですが、動画を見せすぎるのはあまり良くないので毎回はおすすめはできません。

どうしてもって時に使ってみましょう。


おしゃぶりを使うのも一つの手です。

おしゃぶりをしていると出っ歯になるとか、やめさせるのが大変などと聞きますよね。


出っ歯になるかどうかは根拠はあまりありませんが、心配な場合は、おしゃぶりは最終手段として使ってください。


私も癖になってほしくなかったので、夜にどうしても泣き止まないときの最終手段として使っていました。


まとめ
赤ちゃんが泣き止まないとイライラや焦り、不安などがありますが、その感情も赤ちゃんは感じ取ります。

何をしても本当にダメなら一度その場を離れて自分がまずは落ち着いてから赤ちゃんと接するのも大切です。