tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

夏になると現れる蚊!いつ、どうして刺すの?対策は?

f:id:tafuku:20190802133958j:plain


夏の風物詩と言いますか、夏と言えば蚊が思い浮かぶ人もいるのでは?



刺されると痒くて、家に入ってきてしまうとぷーんと音がして不快になるし、厄介ですよね。

子供の頃は夏になると蚊との闘いだったなんて人もいますよね。
そんな蚊についてご紹介します。

蚊はいつ活動しているの?



蚊は夏に現れるものというイメージがありますよね。
夏が近づくと蚊取り線香のCMをやっていたりして、あーもう夏なんだなって 感じませんか?
そもそも蚊は夏にしかいないものなのでしょうか?
蚊が活動している時期は実は夏だけではないんです。

4月頃から11月まで活動をしているんです。
夏だけでなく、半年以上も活動をしています。

では、何故夏にたくさん現れるのでしょうか。
それは、気温です。蚊は15℃以上になると活動を始めます。
< br />そして、一番活発になるのが22℃から30℃なんです。
そのため暑い夏になると現れます。ですが、蚊も暑すぎると活動しません。

猛暑が続いた年はあまり蚊がいなかったなと感じると思います。

そうすると、夏ではなく秋頃の方が刺されやすかったりします。

最近は夏は猛暑のところが多いので、真夏よりは初夏や秋頃の方が気をつけた方がいいかもしれません。

蚊はなんで血を吸うの?



蚊はなんで血を吸うのか小さい時など疑問に思いませんでしたか?

蚊は実はメスしか血を吸いません。
オスの蚊は吸わないんです。

人の血を吸うのは、自分がお腹いっぱいになるためではありません

普段は花の蜜を吸って、栄養を摂っています。
血を吸うのは、お母さんになるメスだけなんです。

血を吸って、卵を産むために必要な栄養を補給しています。
しかも1匹の蚊が血を吸う量は一生でもたった5ミリグラムほどなのだそうです。

また、痒くなるのは血を吸う時に痛くないように麻酔として唾液を注入しているからです。

気づかれないためにですが、痛くないように配慮してくれてるともとれますよね。

なんだかそう思うと血を吸っているのも見逃してあげたくなっちゃいますよね。

蚊に刺されやすいのはどんな人?



人によって蚊によく刺される人とあまり刺されない人がいますよね

私の弟が本当によく刺されるタイプで、いつも私の倍くらい刺されていました。

どんな人が蚊に刺されやすいのでしょうか?

・太っている人
蚊は二酸化炭素で血を吸う対象を見つけます。
体が大きい人ほど二酸化炭素を出す量は多いです。そのため、子供より大人、その大人の中でも体の大きい太っている人は刺されやすいです。

・運動した後の人
二酸化炭素でと言いましたが、運動している最中は二酸化炭素を出してはいますが常に移動をしているので蚊はその元の人を特定しづらいのです。

ですが、運動の後に止まってしかも息が切れてる人は絶好の標的です。

・お酒を飲んでる人
こちらも二酸化炭素が関係しています。

お酒を飲んだ後、アルコールを体内で分解するときに二酸化炭素大量に発生させます。

そのため、蚊が寄ってきます。

・汗っかきな人
蚊は汗に含まれている乳酸を求めています。
そのため汗をかいている人のところにも寄ってきます。

・体温が高い人
蚊は温かいところに寄ってきます。

人は体から熱を発していますが、体温が高い人はその体の周りの熱が高いので温かくなっています。

そこに蚊が集まります。妊婦さんは平熱が高くなっているので要注意です。

蚊に刺されないためには?



蚊に刺されないためには、虫除けスプレーや蚊取り線香など虫除けを使います。

それ以外に対策はあるのでしょうか。

・白い服を着る
蚊は黒に集まると言われています。
そのため黒い服は避けて、白や明るい色の服を着るといいでしょう

・扇風機を使う
蚊は人の吐く息、体温、においなどで寄ってくるのでそれらを全て扇風機で飛ばしてしまえば近寄ってくることがありません。

・汗をかいたらすぐ拭く
汗のにおいが蚊は好きなので、汗拭きシートなどで素早く拭きましょう。
また、汗だくになったら外にはいないで室内に入るようにしましょう。

まとめ
夏は蚊に刺されやすいです。
蚊に刺されやすい人に当てはまる人は、刺されて痒くなってしまう前に対策しましょう!