tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

正しい歯磨きの仕方をちゃんと知っている?

正しい歯磨きの仕方をちゃんと知っている?

 

毎日必ず行うことの一つが歯磨きです。

歯磨きをしないと虫歯や歯周病などになってしまいます。

 

赤ちゃんの乳歯が生えた時から歯磨きはします。

ちゃんと食後に毎回磨いているという人も多いです。

 

ですが、虫歯や歯周病は減りません。

歯医者さんもコンビニより多いと言われているくらいあるのは、患者さんが減らないからですよね。

 

ちゃんと毎日磨いているのに虫歯などになってしまうのは、正しい歯磨きができていないからかもしれません。

 

そこで、正しい歯磨きについてご紹介します。

 

何で歯磨きはするの?

 

歯磨きをする目的は歯垢を落とすことです。

歯垢は食べかすが固まったものだと思っていませんか?

 

実はあれは、ばい菌の塊なんです。

食べかすをエサにして増殖した菌です。

 

しかも歯垢はそのまま放置しておくと、バイオフィルムという集合体となり、バリアを作ってしまいます。

これは、水では洗う程度では落ちないんです。

 

だから歯磨きをして落とします。

 

また、歯磨きをしないと口の中に細菌が増えてしまいます。

それがなんと血管に入って全身を巡ります。それによって、高血圧、糖尿病や認知症骨粗しょう症やなんと心臓病になってしまうリスクもあります。

 

ただ虫歯になって歯が痛くなるだけではありません

歯を磨かないと恐ろしいことになりかねません。

 

正しい歯磨きの方法は?

 

歯ブラシの正しい磨き方は、まず歯ブラシは歯と垂直になるように当てます。

毛先がちゃんと歯の表面に当たるようにします。

 

次に歯ブラシの毛先が広がらない、大体150g~200g程度の力で磨きます。

 

そして、10mm前後を目安にして、小刻みに小さく動かすようにします。

歯1本を大体20回ずつ磨いていきます。

 

これが基本的な正しい磨き方です。

 

この他にも、

 

・シャカシャカ音を立てない

シャカシャカと音を立ててするものだと思っていませんか?

むしろ音がするということは、動きが大きくて歯と歯の間がしっかり磨けていません。

歯茎を傷つけてしまう原因にもなります。

 

・一筆書きで磨く

磨き残してしまわないように一筆書きのように端から順番に磨きます。

いろんなところに飛んで磨くと、あまり磨けていないところが出ます。

 

また、歯磨きをするときに端からやっていくと必ず歯ブラシの向きを持ち帰るところがあります。

右利きの人なら右下、左利きの人なら左下のあたりです。

 

その箇所が大体の人が磨き残す部分です。

そこもしっかり磨くためにも順番で磨くといいでしょう。

 

・歯並びが悪くでこぼこのところは縦に磨く

歯並びが悪いと歯の間が上手く磨けていない場合があります。

そのような箇所は縦に歯ブラシを当てて磨くようにします。

その時も小刻みに動かします。

 

私も歯並びがとても悪く、歯医者さんに行くたびに矯正をしろと言われ、歯の間に虫歯がすぐできると言われ続けていますが、縦磨きをこまめにしているのでまだ歯の間に虫歯はできたことがありません。

 

正しい歯磨きのポイントは?

 

歯磨きで歯垢を取るためには、磨き方以外にもいくつかポイントがあります。

それもしっかり押さえておきましょう!

 

  1. 歯ブラシは1か月で交換

歯ブラシの寿命は1か月程度です。

毛先が開いていなくても、交換するようにしましょう。

どんどん汚れ落ちが悪くなってしま手います。

 

  1. 必ず磨く時間は起床時と就寝前

寝る前に一日で溜まった歯垢をしっかり取り除きましょう。

10分以上は磨くようにしましょう。

 

この一回さえしっかりやっていれば虫歯などにはなりにくいです。

フロスや歯間ブラシを使って歯の間もしっかりと綺麗にしましょう。

 

睡眠中は菌が増殖します。

しっかりと寝る前に磨くことで菌の増殖をある程度防ぐことができます。

 

起床時は、本当に起きてすぐです。

何か口に入れる前にまず歯磨きをしてください。

 

寝ている間に菌が増えています。

起きてすぐに水などを飲んでしまうとその菌を水と一緒に飲み込んでしまいます。

 

なんと朝起きてすぐの口には便と同じくらい菌がいるのだそうです…

 

  1. 歯ブラシは水につけない

歯磨き粉を付ける前に歯ブラシを水で濡らすという人は多いですよね。

これはダメです。

 

濡らしてからですと泡立ちがよくなってしまい、あまり磨いていないのに磨いた気になってしまいます。

水に濡らさなくてもしっかり磨いていれば歯磨き粉は泡立ちます。

 

  1. うがいは何回もしない

最近の歯磨き粉は、虫歯を予防するフッ素が入っている物が多いです。

 

ですが、うがいをたくさんしてしまうとそのフッ素も流してしまいます。

理想のうがいの回数は3回以内です。

 

  1. 歯医者さんに3か月に一度行く

歯医者さんでクリーニングをなるべくこのくらいの頻度で行ってやってもらいましょう。

 

歯石になってしまうとかなり厄介で取るのが大変です。

歯石になってしまう前に歯医者さんで綺麗にしてもらいましょう。

 

まとめ

毎日やることなので、あまり重要視していないかもしれませんが、歯磨きをきちんとしないと意外と怖いですよね。

 

毎日することだからこそしっかりやって予防をしていきましょう。