tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

お七夜ってなに?

お七夜ってなに?

 

赤ちゃんが生まれて最初のイベントがお七夜です。

別名を名付け祝いと言います。

 

赤ちゃんが生まれてから7日目の夜に行う行事です。

赤ちゃんのこれからの健康を願うお祝いと、名前の通り、赤ちゃんの名前をお祝いの場でみんなにお披露目をして、産神様に報告するものです。

 

昔は赤ちゃんが生まれてから7日目を迎える前に死んでしまうこともありました。

そのため、赤ちゃんが無事にここまで大きくなったと確認をするためのものでもあります。

 

やることとしては、命名書を書き、お披露目をします。

そして祝い膳をふるまいます。

 

これはもう手作りでなくてもオードブルなどで大丈夫です。

 

そして赤ちゃんの手形や足形を取ると記念に残ります。

 

7日目っていつ?その日にやらなきゃダメ?

 

生まれた日が1日目か、生まれた翌日が1日目かわからないですよね。

数え方は、生まれた日が0日となります。

そのため、誕生日+7日目の夜がお七夜です。

 

ですが、7日目ってまだ退院したばかりであったり、まだ退院していなかったりする場合もありますよね。

 

しかもまだ初めてだらけのママにとっては、不慣れで大変で忙しい時期でもあります。

そのため、必ず7日目の夜にやらなくてはいけないというわけではありません。

 

ママと赤ちゃん、そしてみんなが落ち着いて体調のいい時にやるので大丈夫です。

 

ちなみに私も、帝王切開だったので7日目がちょうど退院の日で、実家に帰ったり、祖父母に合いに行ったりとものすごく忙しくてそれどころではなかったので、別日に行いました。

当日はとりあえず命名書だけ書きました。

 

また、出生届は産まれてから14日以内なので、それまでに…と思って、7日目にはまだ名前が決まっていないなんてこともありますよね。

 

そんな時も急いで名前を決めなくても、決まったあとにやるので大丈夫です。

 

最近では、ママと赤ちゃんの退院祝いも兼ねてやるという家庭も増えているようです。

 

お七夜はどこでやる?

 

昔は、父方の祖父が主催で、みんなを招いて行っていましたが、現在はママが里帰りしていたり、赤ちゃんを外出させるのも控えたいので、ほとんどそのように行われてはいません。

 

また、親族や親せきを招いてやるというのもほとんどなくなりました。

家族だけや両親だけ招いてやるというのが今の主流です。

 

私も里帰りをしていたので旦那だけ来て、私の両親と家族のみで行いました。

 

命名書の書き方は?

 

お七夜で一番重要なのが、命名書です。

正式な長いものもありますが、最近は略式の物がほとんどです。

 

赤ちゃん用品店に行くと買うことができます。

可愛い柄やキャラクターのものなども売っています。

 

命名書は基本的に「赤ちゃんの名前」「生年月日」が書いてあれば問題ありません。

筆や筆ペンなどで書くようにしましょう。

 

略式のものがほとんどなので略式の書き方をご紹介します。

 

まず、半紙の中央に赤ちゃんの名前を書きます。

そして、左下に赤ちゃんの生年月日を書きます。

 

余裕があれば、右側に両親の名前を書くといいでしょう。

続柄を書き入れてもいいです。

 

また、それ以外にも生まれた時の身長や体重、写真を貼るなどのアレンジをしてもいいですね。

 

命名書は誰が書くのかというと、

これは特に誰という決まりはありません。

ママかパパが書くのがベストかもしれませんが、字が上手い人に書いてもらうので大丈夫です。

 

ちなみに私は、夫婦二人とも字に全く自信がなかったので、字の上手い私の母に書いてもらいました。

 

また、最近では、代筆注文というのもできます。

ネットで注文できます。

可愛いデザインの命名書に書家の人が全て書いて、加工した命名書を送ってくれます。

 

他にも名前を使ったポエムを入れてくれるサービスのものもあります。

世界で一つのポエムと共に名前が入っていて記念になりますよね。

 

命名書は書いたらどうするの?

 

お披露目が終わったら、命名書は神棚があれば神棚に飾ります。

最近の家ではほとんどないですよね。

 

そういった場合には、ベビーベッドのそばにある壁や柱などに貼ります。

その時は必ず高い位置に貼るようにしてください。

 

いつまで飾っておけばいいのかという決まりは基本的にはありません。

ですが、お宮参りの頃までや、床上げのタイミングの21日目までが一般的です。

そのため、1か月ほど飾っておくといいと思います。

 

剥がしたり、取ったりした後には必ず大切に保管するようにしてください。

赤ちゃんが成人するまで、赤ちゃんとママをつないでいたへその緒と一緒に保管しておくのが決まりです。

 

最近では、へその緒を一緒にいれられるポケットがついている命名書もあるようです。

 

まとめ

赤ちゃんにとって最初のイベントですので、やってあげたい行事ではありますが、大変なときでもあります。

何より赤ちゃんの体調とママの回復を優先してくださいね。