tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

赤ちゃんのお食い初めってどうやるの?

お食い初めってどうやるの?

 

赤ちゃんが生まれて100日経ったときにやるイベントがお食い初めです。

お宮参りや初節句のように馴染みがあるわけではないので、やり方やそのイベント自体、よくわからないというママやパパも多いのでは?

 

私も子供を生むまで良く知りませんでした。

そんな行事があるんだと、子供が生まれてから知ったくらいです。

 

そんなお食い初めについて私の経験も踏まえてご紹介します。

 

お食い初めって何?

 

そもそもお食い初めって何?ってところから始まりますよね。

お食い初めとは、赤ちゃんが生後100日を迎えた100日祝いに行われる儀式です。

 

これは、赤ちゃんが人生で食べ物に困らないようにという願いをこめた儀式です。

もちろんまだ100日しか経っていないので食べさせる真似をします。

 

また、乳歯が生え始める時期ということで丈夫な歯が生えるようにと歯固めの儀式も行います。

 

自分の子供が食べ物に困ってお腹が空くのはかわいそうですもんね。

そうならないようにしっかりやってあげましょう。

 

赤ちゃんもまだ小さいので、自分の家でやる人がほとんどだとは思いますが、料亭やレストランなどでも行うことができます。

 

お食い初めプランなどがあるお店も意外とあります。

外食ですと準備や片付けの手間はなくなりますね。

 

お食い初めは100

日目にやらなきゃいけないの?

 

生後100日のお祝いですが、必ず100日目に行わなければならないというわけではありません。

地域などによって違いますが、一般的には100日から120日に行います。

 

もちろん家族全員そろっている日や両親を招待して行ったりするので、全員の都合がいい日に行っても大丈夫です。

 

また、赤ちゃんの体調がいい日にしてあげましょう。

 

もちろん、お宮参りなどのように両親をみんな呼ばなくてはいけないわけではありません。

私も全員集合したわけではありませんでした。

 

お食い初めは何を準備したらいいの?

 

では、お食い初めをやるにあたってもちろん準備が必要です。

お食い初めに必要なものは4つあります。

 

  1. 料理

これは絶対に必要です。

お食い初めの料理には、お赤飯・鯛・煮物・お吸い物・香の物の5品を用意してください。

 

鯛は尾頭付きのものです。

お吸い物は、はまぐりを使うのが一般的です。

 

そうは言っても鯛ってどうしたらいいの!?

なんて思うママも多いのでは?

 

私もそうです。

鯛って高いし、どう料理したらいいかわからないし、むしろ家にある設備で鯛って調理できるの?と思いました。

 

母親や祖母が調理してくれるという場合には、魚屋さんやスーパーに事前に予約しておかないと尾頭付きの鯛はなかなか置いていません。

 

そして調理なんてしたことないし、どうしたら…というママには、

ネットで買えます!

 

私もネットで買いました。

お食い初めに必要な料理すべてが入っているものや、用意しづらい鯛とハマグリのお吸い物だけのセット、鯛のみなどいろんなセットで種類も多くあります。

 

しかも鯛はほとんど調理済みのものなので、調理する心配も手間もありません。

 

私は、安く抑えたかったので、鯛とハマグリのお吸い物のセットを注文しました。

そして煮物や赤飯も手がかかるなと感じたので、煮物はお惣菜で購入し、お赤飯も普通のご飯に混ぜて炊くだけのものを買いました。

 

  1. 歯固めの石

一緒に行う歯固めの儀式で使います。

一般的には、お宮参りで神社からもらいます。

 

ですが、無い場合には、神社や河原で拾ってきた石でも大丈夫ですが、赤ちゃんの口に間接的ではありますがつけるのでしっかりと洗うようにしましょう。

 

私は、お宮参りの前にお食い初めを行ったので、石がありませんでした。

そのため、ネットで料理のセットを注文した時に歯固め石も付いてくるものを選びました。

 

  1. 食器

お食い初めには、漆器や素焼きのものを使います。

男の子は全て朱塗り、女の子は中が朱塗りで外側は黒塗りのものを使うのが基本です。

 

ですが、お食い初めでしか使わないことが多いので、最近では食器のレンタルもあります。

また、今後も使うことができる赤ちゃん用の食器や木製の器を使っている人も多いです。

 

私も特に食器にはこだわらずご飯とお吸い物を入れるお椀だけ買いました。

あとは、赤ちゃん用の食器を使いました。

 

  1. 祝い箸

柳で出来ている両端の細いお箸のことです。

お正月などに使ったりしますよね。

 

これもお宮参りでもらえます。

また、食事セットを頼むと大体のところは付いてきます。

 

お食い初めはどうやってやるの?そのやり方は?

 

では、実際に当日料理も家族も揃ったら、どうしたらいいのでしょうか。

 

赤ちゃんに食べさせる真似をする役は、身内の中で最年長の人が行います。

大体、赤ちゃんの祖父母が行なっています。

 

男の子なら男性、女の子なら女性が行います。

食べさせる真似なので、口元に近づけるだけで大丈夫です。

 

そして食べさせる順番もあります。

 

ご飯→お吸い物→ご飯→魚→ご飯

の順番でこれを3回繰り返します。

 

もちろん赤ちゃんが途中で嫌がってしまったら最後まで無理に続けなくて大丈夫です。

 

これが終わったら歯固めの儀式をします。

 

歯固めの石に箸をちょんと当てて、赤ちゃんの歯茎にちょんちょんと当ててください。

赤ちゃんの歯茎に石を直接当てないでくださいね。

 

儀式が終わった後には、歯固めの石は神社の境内へお返ししましょう。

 

まとめ

赤ちゃんの成長に感謝して、一生食べ物に困らないよう、そして丈夫な歯が生えてくるように願うのがお食い初めです。

 

お食い初めは一生に一度しかない行事ですので、しっかりやってあげたいですね。