tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

麦茶にはどんな効能があるの?

麦茶にはどんな効能があるの?

 

夏と言えば麦茶!暑い日に冷えた麦茶は最高ですよね。

家の冷蔵庫に麦茶が入っているという家庭も多いのではないでしょうか。

 

カフェインも入っていないので、妊娠中の人や高齢者、子供にもいい飲み物です。

 

私の家でも毎日麦茶は作りますし、飲んでいます。

実家でもそうで、麦茶を飲まない日はないと言ってもいいくらいです。

 

赤ちゃんも水の次に飲むのはベビー麦茶で、味のある飲み物で最初に飲むものは麦茶だったって子も多いでしょう。

 

でもなんで麦茶は夏に飲むといいなんて言われているのでしょう。

毎日当たり前のように飲んでいるけれど、麦茶の効果ってあまり気にしたことないと言う人もたくさんいますよね。

 

そんな麦茶についてご紹介します。

 

麦茶の効能8つ!

 

麦茶には8つの身体にいい効能があります。

 

  1. 体温を下げる

麦茶の原料でもある大麦。

これには体を冷やす効果があります。

 

そしてカリウムも麦茶には含まれているので、カリウムの利尿作用でトイレは近くなるかもしれませんが、そのおかげで体の熱が尿と一緒に外に排出されます。

 

だから麦茶は夏にぴったりな飲み物なんですね。

 

  1. 血液をサラサラに

麦茶特有の香ばしい香りの成分のアルキルピラジンには、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

 

汗をたくさんかく夏は、体の水分量が減るため、血液がドロドロになり、血栓ができやすいです。

そんな時に水分補給で麦茶を飲むと血液もサラサラになります。

 

  1. 生活習慣病の予防

麦茶には抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは、心筋梗塞やがんなどいろんな病気をもたらす原因でもある活性酸素を抑える働きのことです。

 

そのため、生活習慣病やいろんな病気の原因を抑制してくれます。

 

  1. 冷え性に効く

2で血液をサラサラにすると紹介しましたが、その血液サラサラの効果で血行が良くなり、冷え性を改善してくれます。

 

ですが、冷え性を改善するためには冷たい麦茶ではなく、温かい麦茶を飲むようにしましょう。

 

  1. ダイエット

麦茶ンは血行を良くしてくれる働きもあります。

血行が良くなることで新陳代謝が良くなるので、エネルギーの消費量が増えます。

 

そのため、脂肪燃焼がしやすくなります。

また、麦茶にはビタミンB2も含まれており、ビタミンB2は脂肪を分解してくれる働きがあります。

 

しかも麦茶はもちろんカロリー0です。

 

  1. 美容効果

3でも紹介しましたが、麦茶には抗酸化作用があるため、活性酸素を抑えてくれます。

そのため、シミやそばかすの原因も抑えてくれます。

 

また、ビタミンが豊富に含まれており、ビタミンB2には肌の代謝を上げる効果もあるため、肌にいいんです。

 

  1. 胃に優しい

カフェインが麦茶には入っていないので、胃に優しいです。

しかも胃の粘膜を保護したり、修復したりする効果もあります。

 

食事の前に飲めば胃炎などに効果があります。

また、新陳代謝が上がることで胃などの動きも活発になるため、便秘にも効果があります。

 

  1. 血圧を下げる

麦茶に含まれているGABAは血圧を下げてくれる効果があります。

これは血液をサラサラにする効果もあります。

 

麦茶にはこれだけたくさんの身体にいい効果があります。

夏だけではなくても麦茶を飲むといいことがたくさんですね。

 

麦茶を飲むときの注意点!

 

そんな体にいいことだらけの麦茶ですが、飲み方で気を付けなければいけない点もあります。

 

・たくさん飲んじゃダメ!

麦茶にはカリウムが含まれています。

そのため、たくさん飲み過ぎると利尿作用でトイレが近くなります。

 

また、身体を冷やしてくれる効果が効きすぎてしまうため、血行が悪くなってしまいます。

適量なら冷え性の改善や熱中症に効果がありますが、飲み過ぎてしまうとむくんでしまったり、冷え性が悪化してしまったりする可能性があるので注意しましょう。

 

多くても一日2リットルまでにしてください。

 

・冷やし過ぎちゃダメ!

夏はキンキンに冷えた麦茶が美味しいですが、普段からキンキンに冷えた麦茶を飲んでいると、冷え性の原因となります。

 

また、代謝が促進されてしまい、エネルギーの消費が激しくなります。

それによって疲労感を感じたり、余計に暑く感じたりします。

 

そのため、夏バテ予防に飲んでいても反対に夏バテになってしまう可能性があります。

 

特に妊娠中の方は冷やした麦茶は飲まないように注意しましょう。

常温がいいですね。

 

・食事中に飲んじゃダメ!

食事中に飲むと消化が悪くなってしまう可能性があります。

食事中ではなく食前に飲むようにしましょう。

 

麦茶の効果的な飲み方

 

麦茶の効果を引き出す飲み方は、まず常温で飲むことです。

 

次に食前に飲むようにしましょう。

食事の前に飲むことで胃の調子を整えることができます。

 

そして、一度にたくさんではなく、こまめに飲むようにしましょう。

 

まとめ

麦茶はダメな飲み方をしなければ、効果がたくさんある嬉しい飲み物です。

飲み過ぎや、冷やし過ぎに注意して正しく飲みましょう。