tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

これから暑い時期に気になる!エアコンの節約術!

エアコンの電気代を節約するには?

 

夏は毎年嫌になるくらい暑いですよね。

そのため、エアコンを毎日のように使うという家庭も多いです。

 

各家庭において夏の最も電気を消費するのはエアコンなのだそうです。

なんと消費電力の約半分がエアコンです。

 

そうするとやはり電気代が夏は上がってしまいます。

エアコンをどうにか使わずに電気代を抑えたいとは思いますが、使わないとどうしても限界があります。

 

真夏の昼間はエアコンが無いと地獄ですよね…

また、お店や赤ちゃん、ペットなどがいる家庭では付けざるを得ない状況でもあります。

 

熱中症も怖いですし、我慢をするわけにもいきません。

そんなエアコンの節約術についてご紹介します。

 

設定を変えてみる!

 

エアコンを使うのはもちろんいいのですが、その時の設定を少し変えるだけでも節約になります。

 

まず、設定温度はどれくらいにしていますか?

暑いからといって20度前後にしたりしていませんか?

 

エアコンはなんと設定温度を1度あげるだけでも約10%も節電することができるんです!

 

そのため、節約するための理想は28度です。

それじゃ涼しくないと思うかもしれませんが、外に比べれば断然涼しいですし、保冷材や扇風機などを活用して工夫さえすれば涼しく過ごせます。

 

また、風量はどのようにしていますか?

 

ずっと強いとフル活動しなくてはならないので電気代が上がると言うことはわかるかもしれませんが、実は、最初から弱すぎても電気代はかかってしまいます。

 

最初から弱い風量ですと、涼しくなるまでに時間がかかります。

そのため、余計な電力を使い、電気代がかかってしまうんです。

 

節電をするために一番いいのは自動運転にすることです。

 

部屋が涼しくなるまでは強風で、涼しく適温になってからは、微弱にするというとても効率よく運転をしてくれます。

 

自動運転でエアコンにお任せするのが節約になります。

 

風向きを変える!

 

暑い空気はどこに溜まるか知っていますか?

暑い空気は上、冷たい空気は下へと向かっていきます。

 

そのため、冷房の風向きを上にすることで冷たい空気がぐるっと回り、部屋を効率よく冷やしてくれます。

 

また、扇風機を一緒に使うともっと効率がよくなります。

 

こまめなオン・オフ

 

涼しくなったら電気代がもったいないから切って、暑くて限界になったらつけると言う風にしていたりしませんか?

 

これは、実は余計に電気代がかかっているんです。

 

電気代はついているからかかる、消しているからかからないというのは正解ではありますが、運転の状況によっても電気代はかかります。

 

エアコンは、つけ始めの1時間は、暑い空気を冷やすためにフル活動するため、電気代が20円前後、その後は1時間なんと5円から10円程度と言われています。

 

つけたり、消したりを繰り返しているとずっとつけっぱなしにしているときより電気代がかかっている可能性があります。

 

最初にしっかり冷やして、涼しくなったら微風などの弱い風で温度をキープしておくのが一番いいでしょう。

 

ですが、つけっぱなしで安くなるのは3時間程度なので3時間以上出かける場合にはつけっぱなしにせずに切って出かけるようにしましょう。

 

付ける前にできること!

 

暑くてエアコンをつける前にも節約するためにできることがあります。

 

まず、前でも言いましたが、電気代がいちばんかかるのはつけ始めの暑い空気を冷ますときです。

 

そのため、例えば家に帰ってきてこもっている暑い空気を、エアコンをつける前にまず少し追い出してからつけるようにしましょう。

 

窓を開けて暑い空気を追い出してからつけるだけでも消費電力が違います。

 

次にカーテンなどを閉めます。

窓に直射日光が当たっていると部屋の温度はかなり上がってしまいます。

そうするとエアコンはフル稼働しなくてはいけなくなるので、当たらないようにカーテンを閉めるなどの工夫をしましょう。

 

扇風機を活用する

 

エアコンと扇風機をどっちもつけるなんて…

と思うかもしれませんが、電気代が安い扇風機にフォローしてもらうことでエアコンの電気代も節約することができます。

 

まず、前で説明したように暑い空気を外に出してからつけるといいので、エアコンをつける前に扇風機を外に向けて回します。

 

そうすることで扇風機が室内の暑い空気を外に出してくれます。

 

そして運転中も扇風機を床の方向に向けて回しましょう。

そうすると、床に溜まった冷たい空気を扇風機が舞い上げてくれるので、部屋全体が涼しくなります。

 

室外機も大事!

 

エアコンの電気代を節約するためには、室外機も意外と大事なんです。

室外機が中の暑い空気を吐き出してくれています。

 

まず、室外機に直射日光が当たらないようにしましょう。

すだれや段ボールなどで日影を作ってあげましょう。

 

そうすることで室外機が暑くならないので、意外と5%から10%の節電になるんです。

また、吹き出し口をふさがないように気を付けましょう。

 

他にも室外機の周りに物を置かないようにする、周りに打ち水をするなどでも電気代を抑えることができます。

 

まとめ

エアコンの電気代を節約するための方法は意外とあります。

全部やらなくてもできることをやれば去年の夏よりは電気代を節約できるかもしれませんよ!