tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

赤ちゃんの為にこれから来る暑い夏の対策を知っておきましょう!

 

 

赤ちゃんの暑さ対策!【室内編】

 

これから迎える夏本番!

赤ちゃんとの初めての夏を迎えると言う人もいますよね。

 

毎年どんどん暑い日が増えたり、気温が上がっていたりしていて私たち自身も夏を過ごすのは大変です。

 

ですが、赤ちゃんは大人に比べて体温が高く、体温調整もうまくできません。

そして暑さにも弱いです。

 

そんな赤ちゃんの暑さ対策についてご紹介します。

 

赤ちゃんの暑さ対策は必要?

 

そもそも何で赤ちゃんに暑さ対策が必要なのかというと、前にも書きましたが、赤ちゃんは体温調整がまだできません。

 

普通の人は暑いと身体から熱を出して体温調節をすることができますが、赤ちゃんはまだその機能が未熟です。

そのため、暑いと体温も上がったままになってしまいます。

 

また、赤ちゃんは汗をかきやすいです。

汗が出る汗腺の数は大人と全く同じなのですが、体の面積が大人よりも明らかに小さいですよね。

そのため、汗腺の密度が高くなってしまうので汗をかきやすいのです。

 

そんな熱を発散できず、しかも汗をかきやすい赤ちゃんだからこそ熱中症になりやすいです。だからこそ暑さ対策はしっかりやらなくてはなりません。

 

室内でも暑さ対策を!

 

外出の時はもちろん大人でも暑いと感じるのでしっかり暑さ対策をすると思いますが、赤ちゃんは室内でもしっかり暑さ対策をしなければいけません。

 

だからと言って、エアコンをつけすぎたりしてもいいのかと心配になりますよね。

室内ではどのような暑さ対策をすればいいのでしょうか。

 

赤ちゃんの室内での暑さ対策は?

 

・服装に気を付ける

室内だからと油断はしないで、服装も快適に過ごすことができるものにしましょう。

 

ロンパースのようなつなぎになっている洋服はお腹が冷えなくていいと思いますが、夏場は逆にお腹のところに熱がたまってしまいます。

 

おむつをしている赤ちゃんはなおさらです。

そこが蒸れてしまいます。

 

そのため、上下が分かれているセパレートの洋服にして通気性をよくしてあげましょう。

また、暑いからといってシャツを着せないのはダメです。

 

汗を吸ってくれるものがなくなってしまうので、メッシュタイプの涼しいシャツも今は売っているので着せてあげるようにしてください。

 

反対に大人も夏は靴下を履かずにサンダルで過ごしたりしますよね?

赤ちゃんも足の裏から汗をかくので靴下は履かせないようにしましょう。

 

また、汗をかいていたらすぐに拭いて着替えさせてあげましょう。

そのままにしていると風邪を引いてしまいます。

 

・気温は25℃から28℃がベスト!

赤ちゃんが快適に過ごせるのは25℃から28℃と言われています。

 

これよりも高くなってしまうと赤ちゃんの体温も上がってしまいます。

エアコンなどをうまく活用して適温にしてあげましょう。

 

・扇風機をうまく使う

扇風機を使うことをためらうママやパパもいるかもしれませんが、扇風機を使うことは問題ないです。

 

ですが、赤ちゃんに直接風は当てないようにしましょう。

直接当て続けてしまうと赤ちゃんの体温や体の中の水分が奪われてしまいます。

 

扇風機の向きは赤ちゃんと反対にするのがベストです。

壁や天井で跳ね返った風が当たる方が柔らかく心地いい風になります。

 

壁などに当てられない場合には、赤ちゃんから離れた位置に置いて弱で運転させます。

そして首振りをするようにしてください。

 

・エアコンはつけすぎない

もちろん暑い日はエアコンを活用してください。

 

ですが、つけっぱなしにしてしまうと部屋の空気が乾燥してしまいます。

時々、窓を開けて部屋の換気をするようにしてください。

 

赤ちゃんの皮膚が乾燥してしまったり、のどを痛めてしまったりする原因になります。

 

また、扇風機を同じく、エアコンの風が直接当たらないように気を付けてください。

これも乾燥の原因になります。また、赤ちゃんの身体が冷えすぎてしまう原因にもなります。

 

扇風機を一緒につけて空気を循環させるのがいいでしょう。

 

赤ちゃんの夜寝る時の暑さ対策は?

 

夜寝ている時も寝苦しい暑さですと赤ちゃんも辛いです。

赤ちゃんは大人よりも汗をかきやすく、体温が高いので大人より薄い素材の布団にしてあげましょう。

 

掛け布団はタオルやガーゼ素材の薄い物1枚で大丈夫です。

 

エアコンや扇風機をもちろん活用してください。

ですが、夜間ずっとつけっぱなしではなく、タイマーにしましょう。

 

パジャマは薄手のものがいいですが、寝冷えを防ぐためにも腹巻がついたものや、ロンパースタイプのものなどがいいでしょう。

 

赤ちゃんの暑さ対策の注意点!

 

・水分補給

室内であっても水分補給は大切です。

室内にいるし、汗そんなかいてないしなんて思わずに必ずこまめに行うようにしましょう。

 

家の中にいても熱中症になります。

それに赤ちゃんはすぐに脱水症状を起こします。

 

喉が渇いたなどと訴えられない赤ちゃんのためにもママやパパが気を付けてあげてください。

 

・あせもに注意

赤ちゃんは汗をかきやすく、皮膚が重なっているところも多いので、あせもができやすいです。

 

汗をかいたらすぐにタオルで拭いてあげてください。

濡れたタオルで拭いたり、シャワーをこまめに浴びたりするのもいいでしょう。

 

なるべく皮膚を清潔に保ってあげてください。

お風呂のあとはベビーパウダーなどでお肌をケアしてあげましょう。

 

まとめ

家の中にいても注意するべきことはたくさんあります。

暑さに弱い赤ちゃんをママやパパがしっかりとした対応をして守ってあげてください。