tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

新米ママ、パパへ! 赤ちゃんの離乳食の始め方!

 

赤ちゃんの離乳食の始め方は?

 

生後5~6か月頃になると始めるのが離乳食です。

ですが、いつから始めたらいいのか、何を最初にあげるのか、どうやってあげるのかなど初めてのママはわからないことだらけですよね。

 

私もそうでした。

どんなタイミングで始めるべきなのか、どうやって作るのかなどわからないことだらけでした。

 

そんな離乳食のスタートについてご紹介します。

 

いつから離乳食を始めるの?

 

赤ちゃんの離乳食は生後5.6か月からというのは知っている人も多いと思いますが、5か月を迎えた瞬間に始めていいのかどうなのかわかりませんよね。

 

早く始めすぎても遅すぎてもよくありません。

離乳食を始めるタイミングは赤ちゃんがいろんなサインをだしてくれます。

 

・食べ物に興味がでる

大人がご飯を食べているのを見るようになります。

その時に口をもぐもぐ動かしたり、あーんと開けたりします。

また、よだれの量も増えます。

 

私の子供も、今まではそんなに見ていなかったのに5か月を過ぎたあたりから私が食べ物を口に運ぶときにずっと口に入るまで目で追うようになり、よだれが出るようになりました。

 

これは、口の周りの筋肉がちゃんと発達していてもう食べれるよ!噛む運動もできるよ!と教えてくれているサインです。

 

・哺乳反射が少なくなる

赤ちゃんはベロや口に触れたものを反射的にくわえる哺乳反射というものがあります。

これのおかげで生まれてすぐから母乳やミルクが飲めるんですね。

 

これが、5.6か月頃になると少なくなります。

赤ちゃんの口を指などで刺激してみてください。

 

その時に押し出したり、ベロを突き出したりしなければ、始めて大丈夫だよというサインです。

 

・首がしっかり座り、お座りできる

3か月頃から首が座ってくると思います。

それがしっかり安定していることと、

 

腰を支えるなどすればお座りができるようになっていれば大丈夫です。

食事をするための体勢がきちんととれるということになります。

 

このようなサインがあったら離乳食を始めて大丈夫です。

もちろんあかちゃんによって個人差はあるので焦らずに始めてください。

 

離乳食を始める時の注意点!

 

離乳食を始めるにあたって注意しなければならないことが5つあります。

 

  • 1日1回1さじから

最初はきちんと食べるというよりは、母乳やミルク以外の味に慣れることや、食べると言うことを覚えるのが目的でもあるので、1日に1回で大丈夫です。

 

また、小さじ1さじだけにしてください。

赤ちゃんの胃は未発達です。

 

一度にたくさんの量をあげてしまうと胃がびっくりしてしまいます。

もっと欲しそうにしていても、少ないんじゃないかと思ってもそれ以上あげるとかえって赤ちゃんにとってはよくないのでやめましょう。

 

1日目1さじ、2日目2さじと同じ食材なら増やしていって大丈夫です。

まずはお粥を一週間慣れるまで続けましょう。

 

  • 初めての物は1さじから

最初の初めての離乳食は10倍粥から始めます。

 

一週間ほどで慣れたら、野菜を一種類ずつ増やしましょう。

ですが、赤ちゃんがアレルギーを持っている可能性もあります。

 

そのため、初めて食べる食材はアレルギーがなさそうなものであっても必ず1さじから始めるようにしましょう。

 

  • 午前中にする

②で説明したように赤ちゃんがアレルギーを持っている可能性があるので、もしアレルギーによる異変が起きた場合にすぐに病院にいけるように病院が開いている時間に食べるようにしましょう。

 

アレルギーによる異変がすぐに起きるとは限らないので、午前のうちに食べておけばもし、数時間後に異変が起きたとしても午後の診療がまだやっている時間になります。

 

そのため、夕方や夜は避けなるべく午前中にしましょう。

 

また、初めての食材はそのような理由から土日もなるべく避けた方がいいでしょう。

 

  • 無理に食べさせない

こちらも最初に説明したように初期はまず、味に慣れることなどが目的なのでちゃんと全部食べなくてはいけないわけではありません。

 

食べることに興味がない赤ちゃんもたくさんいます。

私の子供も最初は毎回吐き出していました。

 

ですが、少しずつ食べられるようになれれば大丈夫です。

ゆっくり焦らず慣れていくようにしましょう。

 

  • 必ず熱を通す

赤ちゃんの口にいれるものは必ず熱を通したものにしましょう。

 

作り置きで冷凍したものも自然解凍ではなく、湯煎や電子レンジなどで熱を通すようにしてください。

 

離乳食の食べさせ方も大事

赤ちゃんはまだしっかり自分の力で飲み込むことができません。

そのため、できたら最初は直角に座らせるのではなく、少し後ろに傾いた姿勢で食べるのがいいでしょう。

 

次に食べさせる位置も真正面からではなく、少し斜めから上げるのがいいです。

真正面から目の前にスプーンを持ってこられるとやはり威圧感があって怖いです。

 

また、ママやパパが食べさせようと必死な顔や怖い顔をしていると赤ちゃんが食事は怖いことなんだと認識してしまいます。

 

笑顔で美味しいよー!と食事は楽しいんだと教えてあげてください。

 

いろんなものを活用して楽しく離乳食を!

 

区や市の離乳食勉強会というものが必ずあると思います。

ぜひ参加して詳しく教えてもらいましょう。

 

また、今は離乳食のアプリもたくさんあります。

何を食べたかチェックできたり、一つ一つの食材の食べさせ方や作り方が載っていたり、アレンジ方法なども知ることができます。

 

私も二つほどインストールして活用しています。

とても便利なのでぜひいろいろ探してみてください。

 

まとめ

離乳食の最初ってとにかくわからないことだらけで不安ですよね。

焦って始めることはありませんし、離乳食の講習を受けた後からでも全然大丈夫です。

 

赤ちゃんの体調がいい日にママやパパの準備がしっかりできてから始めてください。