tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

バターとマーガリンの違いは?

f:id:tafuku:20190617102120j:plain


パンを食べる時にレストランなどではバターが置いてあります。

ですが、家庭でパンを食べる時にはマーガリンを塗っているという人も多いですよね。

マーガリンの箱にもパンの写真が載っています。

 

見た目の色も似ていて、どちらも油ですし、私はよく料理でバターを使用する時にマーガリンを使ってしまいます。

マーガリンにもバター風味なんてものもあったりして。

 

そもそもバターとマーガリンって何がちがうのでしょうか。

ふと疑問に思ったことはありませんか?

 

そんなバターとマーガリンの違いについてご紹介します。

 

バターとマーガリンの違うところは?

まず、バターとマーガリンは原料が違っています。

どちらも80%以上は脂分でできています。

 

しかし、その脂が違います。

バター:動物性脂肪

マーガリン:植物性脂肪

です。

 

ですが、動物性、植物性と言われてもなんぞや?って話ですよね。

まず、バターの動物性脂肪は牛乳のことです。

 

生乳や牛乳などに含まれている脂肪分がバターになっています。

牧場でバターづくり体験をしたことがありますか?

 

その時に材料として用意されているのが牛乳から作られた生クリームです。

それを思い切り振り続けるとバターになります。

 

そのため、バターはほとんど牛乳で出来ています。

ですが、これは牧場で作るバターで、実際売られているものは、牛乳から分離したクリームを固めて作っています。

バターは現在80%以上が乳脂肪分で17%以上が水分と法律で決まっています。

 

次に、マーガリンの植物性脂肪はオリーブオイルやごま油、コーン油などのことです。

そこに添加物を混ぜたのがマーガリンです。

 

添加物として、水素やビタミンA、乳成分、乳化剤などが入っています。

そのため、生乳のみで作られているバターの方がお値段は高いんですね。

 

原料の違いはわかったと思いますが、原料の他にも違いはあります。

まず歴史も違います。

 

バターは紀元前2000年前のインドにすでに登場しています。

その頃は、食べ物ではなく。医薬品や化粧品として使用されていたんです。

 

食べ物として食べられるようになったのは、紀元前60年頃と言われています。

日本に来たのも最初は薬として伝わりました。

明治以降に食べ物として広まったと言われています。

 

マーガリンは、フランスで誕生しました。

1869年のフランスはバターが戦争中であったため不足していました。

 

そのときにバターの代用品を、懸賞をかけて募集したところ、化学者が牛脂と牛乳を混ぜ、固めたものを考えだしました。

これがマーガリンの始まりと言われています。

 

マーガリンはバターの代わりとして誕生したんですね。

 

お互いに代用として使える?

マーガリンは歴史にもあったようにバターの代用品として作られたものです。

 

そのため、どちらも代用することは可能です。

どちらを使っても同じように作ることはできます。

 

ですが、やはり使っている脂が違うため、ケーキを焼くときなどバター独特の風味がほしいなと思った時にはマーガリンでは難しいです。

 

マーガリンを使うと少しあっさりとしたような味になる可能性があります。

あまり気にしないのであれば、代用は十分可能です。

 

健康的にはバターとマーガリンどっちがいい?

バターの方が添加物などなく、健康的には良さそうな感じはしますよね。

実際はどうなのでしょうか?

 

まず、バターは前で説明したように動物性の脂肪で作られています。

この動物性脂肪は、他の植物性や魚油などに比べると、コレステロールの値があがりやすいんです。

 

食べ過ぎてしまうと、太って肥満になってしまいます。

そしてコレステロールの値ももちろん上がりますし、動脈硬化などの危険もあります!

 

そんなバターの1日の適量はたったスプーン2杯が最大です。

ということは、バターを塊で乗せたパンを2.3個食べてしまえばすぐに適量を上回ってしまいます。

 

次にマーガリンです。

マーガリンに使われているのが植物性の脂です。

 

この植物性の脂はなんと!

バターとは反対に、体の中でコレステロール中性脂肪などを減らしてくれる働きがあるんです。

 

しかし!

マーガリンにはこの脂の他に食用精製加工油脂というものが入っているんですね。

 

これは、マーガリンの口どけをよくしたり、マーガリンはバターのようにカチカチにはなっていませんよね?それもこれのおかげなのです。

 

ですが、この中には石鹸の原料としても使われている硬化油脂というものが含まれています。

 

これは製造の課程でトランス脂肪酸が作られています。

トランス脂肪酸って聞いたことありませんか?

 

これは、悪玉コレステロールを増やしたり、糖尿病、メタボ、高血圧、そして突然死や心臓病のリスクを高めたりするものなのです。

 

本当は食品から取る必要は全くないものなんですね。

 

ということで、植物性の脂がコレステロールや脂肪を減らす働きがありますが、トランス脂肪酸のせいでプラスマイナスゼロということです。

 

そのため、どちらも食べ過ぎてしまうと健康には悪いということですね。

きちんと適量を摂るようにしましょう。

 

まとめ

バターとマーガリンは同じようで意外と違いが多いですね。

どちらも油なので食べ過ぎには注意してください。