tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

夏と言えばスイカ!美味しいスイカの見分け方は?

f:id:tafuku:20190615185944j:plain


これからくる暑い夏!

夏食べるものといえば素麺、かき氷、アイス、冷やし中華などたくさんおいしいものがありますが

イカを一番に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

 

スーパーや八百屋さんなどにスイカが並ぶと夏が来たなと感じますよね!

夏になるとスイカを買いたくなります

 

そんなスイカについてご紹介します

 

 

美味しいスイカの見分け方は?

 

美味しいスイカを見分けるのには叩くとわかるなんてよく言いますよね?

スーパーなどでスイカをトントン叩いている人も良く見かけます

 

ですが、スイカの生産者の人によると音は美味しさとは関係がないのだそうです

昔は売られているスイカの中身が空洞である不良品が混じっていました

 

そのため叩いて不良品でないか確かめていました

それが美味しいスイカを見分ける方法となっていたのです

 

しかし、今ではそのような不良品はほとんどないため今ではほとんど違いがありません

ではどうやったら美味しいスイカを見分けることが出来るのでしょうか?

 

 

①大きなもの

大きいスイカだとあまり甘くないんではないかと思う人も多いかと思いますが、そんなことはありません!

 

イカは大きいものほど味がいいんです!

 

②スイカの表面を見る

イカの表面を見ることによって実が詰まっているかどうかがわかります

 

イカの皮はスイカの特徴である緑に黒いギザギザが付いています

それが見分けるヒントとなっています!

 

実はその模様が濃いものほど甘いんです

どういうことかと言うと、

 

縞模様がまっすぐで綺麗な物よりカミナリのようにぐねぐねしている物の方が甘い

また緑色とグネグネの黒い色の違いがはっきりしているほどより甘くなっています

 

③ツルのついていた部分に注目

イカのツルのついていた部分、つまりスイカの頭の部分を見ます

ツルのついていた部分が白っぽい物ではなく緑色のもの

 

さらに大きくへこんでいる物の方が甘くなっています

 

④重たい物を選ぶ

スーパーなどで買う時には重さを比べてみて一番重い物を買うのが良いでしょう

重たい物の方が甘い物の可能性が高くなります

 

ちなみにカットしてあるスイカの美味しい物の見分け方は、

種が入っている場合は白い種があまりなく、黒い種の多い物が良いです

 

次にスイカの色が全体的に赤い物。

赤い色にムラが無く、色が均一のものを選びましょう

 

 

 

イカの種でスイカはできる!?

 

イカを食べる時にたくさん出てくるのが種です

食べる時に面倒臭いと良く感じますよね?

 

こんなにたくさんあるのだから育ててまたスイカができないのかなと考えたことは

ありませんか?

 

イカを食べた後に残った種でスイカを作ることは、実はできるんです!

 

もともと種から出来ている為、食べた後の種からでも育てることはできます

ですが品種などによっては、成長しなかったり芽が出なかったりするものも多いようです

 

またスイカは、温度の調整をしたり、太陽にしっかり当ててあげたりなどかなり慎重に育てる必要がある植物です

 

しかもスイカを見てわかる通り成長していくにつれてどんどん大きくなるためかなりの

場所を取ります

 

イカを育てるのは覚悟が必要です

でもやっぱり育ててみようと思ったらまず種をとっておいて下さい

 

イカの育て方をご紹介します

①種をまく

深さ1cm、幅5cm程度の穴を掘り、3粒位をいれて埋めます

 

種まきの時期は3~5月がベストです

そうすれば夏に収穫することが出来ます

 

もし何か所か種をまくのなら間隔をしっかりあけて撒くようにしましょう

 

②水やりをしよう

種まきをしてから芽が出るまでは毎日たくさん水をあげましょう

 

発芽したら乾燥している時に上げる程度で大丈夫です

乾燥気味に育てたほうがスイカの味がしっかりします

 

③間引きをする

間引きをしないと全体に少しずつしか栄養がいきわたらない為、せっかく成長したのに

可愛そうではありますが一つに絞って栄養がしっかり行くようにしましょう

 

芽が出て少し成長したら、一つの穴で一つずつ一番成長している物を選びます

それ以外は摘んでしまいましょう!

 

④支柱を作る

イカが成長したら、朝顔のようにツルが巻き付くための支柱を作ります

作らないとツルがいろんなところに伸びてしまいます

 

⑤収穫

堆肥をあげたり、水をあげたりして成長を待つと、品種にもよりますが大体

3か月で収穫できます

 

簡単に説明しましたが、最初に説明しましたがスイカは温度調整が重要です

 

イカを育てるための適温は25~30℃です

10℃近くまで気温が下がってしまうと成長しません

 

また、日光も重要なので日当たりが良いところで育てて下さい

そして乾燥をスイカは好むため水をあげ過ぎたり、雨の日に外に出しっぱなしに

してしまうのはダメです

 

 

まとめ

 これから季節に美味しいスイカのご紹介しました

これをもとに選べば去年より美味しいスイカが食べられますね!

今年も美味しいスイカをたくさん食べましょう

 

イカを育ているのは今年はもう少し遅いかもしれないので

来年覚えていたらやってみてください!