tafukuのブログ

生活に役立つことを中心にブログに掲載しています!

梅雨のこの時期乾きにくい洗濯はどうしてる?

f:id:tafuku:20190611172504j:plain


梅雨と言うと毎日雨や
曇りの日が続きますよね。

そんなときに一番困るのが洗濯物です!

 

梅雨の時期は毎日天気予報や空とにらめっこしていませんか?

私もそうです。どうにか外に干したいと思って午前だけでも晴れるとか、少し晴れ間があるとか天気予報で言ったり、朝起きて明るいと思ったりしたのならば急いで回して干したりしています。

 

ですが、結局すぐに雨が降ってきて部屋干しになってしまうこともしばしば…

また、なんとか雨が降らなくても一日曇っていたり、湿度が高くて乾かなかったり…

 

梅雨の時期の洗濯は悩みの種ですよね。

すっきり乾かないと生乾き臭くなってしまうので干したくないけれど、でもどんどん洗濯物は溜まっていくから洗濯機を回さないと着るものやタオルがなくなってしまうという葛藤です。

 

そんな梅雨の洗濯についてご紹介します。

 

そもそも何で生乾きだと臭くなる?

 

すぐに乾かなかった洗濯物は生乾き臭くなりますよね。

ちゃんといい匂いの洗剤も柔軟剤も入れて洗っているのになんで!?と思いますよね。

 

生乾きの原因は菌です!

え?洗った後なのに菌ってどういうこと?と思うかもしれませんが、実は洗濯をしている時も、干している時も菌は繁殖するんです。

 

まず、梅雨の時期は特に洗濯物をすぐには洗いませんよね?

溜まるまで洗わないという人がほとんどではないでしょうか。

 

その間にも菌がついてしまいます。

例えば、タオルでお風呂のあとに体を拭いてタオルが濡れますよね?

それをすぐ洗わずに洗濯かごなどに入れますよね。

 

そうするとそのタオルで湿気が大好きな菌は増えます。

そしてそのタオルの上に重なったものや、下に合った服なども湿ってしまいますよね。

それによって周りの洗濯物も菌が増えてしまうんです。

 

その後、洗濯をします。

すると洗濯槽の中にいる菌が洗濯中に完璧に落としきることができなかった皮脂などを栄養にして増えるんです。

 

そして干したときにまた、湿気が好きな菌たちは乾ききっていない洗濯物で繁殖をします。

結果的に洗濯をしたのに菌が増えまくっていますよね。

 

これが生乾き臭の原因です。

そしてこの菌は生命力が強い!

 

そのため、乾いたらにおいは少なくなるけれど、タオルなど使用してまた濡れると再び臭くなってしまうんです。

 

生乾きの臭いを防止するためにはどうしたらいいの?

 

生乾き臭を予防するための方法は5つあります。

 

  1. 洗濯槽に洗濯物をいれない

もちろん洗濯する時には入れますよ。洗濯をする前に洗濯かごに入れないで直接洗濯機に入れているという人もいますよね?

 

これも菌が増える原因です。

汚れた洗濯物を程よい温かさと水分のある洗濯槽に入れっぱなしにしてしまうと中で蒸れ、菌が繁殖してしまいます。

 

洗濯する前は洗濯かごに入れるようにしましょう。

 

  1. 洗濯物を多く入れない

洗濯する時にたくさん洗いたいからとたくさん詰め込むのはダメです。

 

たくさん入れすぎると洗剤が行きわたりません。

そのため菌の栄養となる皮脂などの汚れが残ってしまいます。

 

洗濯槽の八分目が最適な量ですので、入れすぎないよう注意しましょう。

 

  1. 洗剤を入れすぎない

洗剤をたくさん入れたほうがいい匂いになるし、汚れも落ちそうだと思うかもしれませんが、逆効果です。

 

洗剤を多く入れすぎてしまうと洗剤残りがあり、においの原因となってしまいます。

きちんと適正量にしましょう。

 

  1. 汚い物は予洗いする

菌が栄養としている皮脂や汚れが多いほど、菌は繁殖します。

 

臭うほどまで増やさないためにもたくさん汚れているものなどは事前に洗っておくといいでしょう。

 

  1. 洗濯物を早く乾かす

これは、もう誰もが知っていることですね。

 

いつまでたっても洗濯物が乾かないと菌はどんどん増えてどんどん臭くなっていきます。

これが部屋干しの悩みどころでもありますよね。

 

早く乾かすために洗濯の脱水のときに乾いたバスタオルを入れるとそのタオルが吸ってくれるので普通に脱水するよりも乾きます。

 

次で洗濯物の早く乾かす干し方をご紹介します。

 

洗濯物を早く乾かす干し方とは?

 

では、菌が増えないためにも早く乾かす干し方はどんなものがあるでしょうか。

 

・隙間を開けて干す

洗濯物を干すときに服と服が近すぎるなど隙間がないと空気が通らないため、乾くのが遅くなります。

 

最低でも10.センチは離して干すようにしましょう。

 

・バスタオルなど大きいものは同じ長さにしない

バスタオルはしっかり半分で同じ長さで干している人も多いですよね。

 

ですが、これだと重なり合ってしまう部分が多いので乾きにくいんです。

どちらかを長くして干すと風邪が通りやすいので早く乾きます。

 

・太めのハンガーで干す

クリーニングの針金のようなハンガーを使っているという家庭も多いです。

うちもそうです。

 

ですが、早く乾かしたい時にはそれは使用しないでください。

細いハンガーですと脇の部分が重なってしまったり、首元の部分もくっついてしまったりするので乾きにくくなってしまいます。

 

太めのハンガーを使用するとしっかりシャツなどの服が広げられるので早く乾きます。

 

・部屋の中央に干す

窓際の方が風の通りがよさそうだと思って窓際に干していませんか?

実は窓際は行き止まりな上に湿気も多いので乾きにくいんです。

 

部屋の中央は一番風の通りがいいので、廊下や部屋の中央に置くのがいいでしょう。

 

・逆さまに干す

パーカーのフードやシャツの襟の部分はハンガーにかけると重なっていて乾きにくいです。

 

逆さまにして干すことで重なりが解消されて乾きやすくなります。

 

まとめ

梅雨の時期の洗濯は誰でも悩むものです。

ですが、やはり嫌な生乾き臭をつけたくはないですよね。

 

洗濯物の干し方だけではなく、洗濯の前から気を付けていれば臭いを少しでも抑えることができるのでぜひやってみてください。